安否確認で企業のBCPを綿密に計画|社内管理しっカンリ!

確実に連絡を取る方法

web

緊急時にはまず家族の安否が気になります。そして人は家族以外にも会社や地域などで連帯を築いているので、これらの機関でも安全を確認することが必要になってきます。特に企業には単身者なども多くいますので、安否確認を企業独自のシステムを使って利用するということが必要になってきます。企業によっては災害時により人員を必要とすることもあります。そのとき、どれだけの人数が動けるのかを確認するためにシステムの構築をすることが重要なのです。
安否確認のツールを構築しているサービスがあり、多くの企業に利用されています。災害時に連絡を取り合うのは容易ではありません。しかし、専門の業者であれば豊富な連絡手段をとる方法を提供してくれますし、確認を確実に取れるようなサービスを施してくれます。

社員の安全を確認するとき、大勢の社員から返答を待たなければなりません。災害が起こった時その人がどこにいるのかは多岐に渡るので、安否確認ができる手段も多様である必要があります。固定電話で連絡するだけでなく、スマートフォンやもちろん携帯電話でも確認することができ、ファックスなどを使った確認方法もあります。
また、一度きりの連絡のみでは、無事であっても連絡自体が行き届かないことも起こってきます。そうならないよう、連絡をいつでも見つけてもらうことができるように、繰り返し連絡してくれるシステムが安否確認システムにはあるのです。災害によって企業のシステムに重大な障害が起こった場合に連絡が届くシステムも利用できるようになっています。