安否確認で企業のBCPを綿密に計画|社内管理しっカンリ!

災害に使えるシステム

search box

大規模な災害が起こってしまえば、今使っているインフラが全て使えなくなってしまうということもあり得ます。日本では過去に何度も大きな災害が起こっており、そのたびに行方不明者が出たり、何日も家族の安否確認ができないという事態も起こってきました。災害や事故に巻き込まれてしまえば怪我をしてしまうこともあります。そのとき、直ちに手当をしたり救助を行なったりすれば助かる命もあるのです、災害が起こった現場においては景色が一変しているため、どこに何があるかもわからない状態になります。そのため、救助がうまくいかないという事態も考えられます。災害において誰がどこにいるのか、無事なのかということを確認するのは難しいのですが、安否確認ができるシステムを使えば、緊急事態でも家族や周囲の人の安全を確かめることができます。緊急事態にこそ技術を駆使したシステムが必要になってきます。

携帯電話サービスなどを利用した安否確認やエマージェンシーコールは企業にも個人にも今広く普及されつつあります。こういったシステムが日本で確立されるに至った理由が、頻発する大地震です。二十年前の阪神大震災を皮切りに、日本では国をあげての災害対策を確立していこうという動きが高まりました。
その時点ではもう既に携帯電話が一般市民にも普及している状態であったので、携帯電話で安否確認をとる人が多数いました。しかし、個人が電話やメールでするやりとり以外にも、連絡手段が豊富であれば様々な状況に柔軟に対応することができるのです。